エンゲル冷蔵庫MD14F

冷え蔵用の氷の製氷と持ち運びようにエンゲル冷蔵庫MD14FをACアダプター付きでポチってしまいました。

で、どのくらい冷えるのか実験してみました。

こんな感じでセッティング。

温度計には熱電対が付属していたのでこれをMD14Fの上蓋から庫内の壁に触れないようにしました。

MD14Fの中には何も入れずに実験しました。

ACアダプター使用時の消費電力です。
ACアダプタの出力電圧は12Vでなく13.5Vでした。

結果は−16℃まで冷えました。
冷えきったところで電源をoffしたときの保冷特性もそのまま測って見ました。

これならMD14Fで製氷できそうです。
牛乳パックの三角部分を潰せば立てたまま入るので、10本は行けそうです。
牛乳パックぐらいの大きさで製氷するのに使えそうな蓋つきの容器って何かないですかね?

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
↑ポチッとお願いします。

エンゲル冷蔵庫MD14F-D、専用ACアダプターセット

新品価格
¥39,800から
(2017/7/10 23:44時点)

冷え蔵Ⅱテスト(1)

今日は真夏日でエアコンつけずにいたら、
30度を超えたので冷え蔵Ⅱのテストをして見ました。

いつもキャンプに行く時に牛乳パックの中に水を入れて氷を作ってクーラーボックスに入れていたので、
今回も牛乳パックで氷を作りました。

これを4本なので4kg分の氷になります。

紙パックを破いて氷を取り出し、
2本ずつジップロックに入れました。

電源ですが随分昔に買った安定化電源を押入れから引っ張り出しました。(なんでそんなもの持っているんだなんて突っ込まないでくださいね。)
ラッキーなことにシガーソケットがついていたのでケーブル作らずにすみました。(笑)

場所ですが、
洗面スペースで行いました。
幅、長さ、高さが1.5mX2mX2.3m なので6.9㎡
車の方は、運転席と2列目間をカーテンで仕切るとすると、
1.7mX3mX1.3m6.63㎡となるのでほぼ同じ大きさとなります。

こんな感じで置きました。

温湿度の測定ですが、これの実験をするためにロガー買いました。(笑)

ロガーは洗面台の上に置いたので高さ60cmぐらいのところでしょうか。
セッティング完了しスタートしたのが15時ちょっと前ごろ。

あとは放置状態。
冷えた時は吹き出し口からは17℃ぐらいの風が出ていました。

で、結果がこれです。

27.3℃まで下がっているので、室温としては2.5℃ぐらいは下がったという感じです。
ただ、冷え蔵Ⅱから出る風は吹き出し口の形状から上の方には行かないのと、冷たい空気は下にたまるので、ロガーを床に置くともう少し温度が下がったかもしれません。

吹き出し口の温度を見ていないのですが、氷が溶けきった状態で25℃ぐらいの風が出ていました。
165分ぐらいから温度の上がる時間が短くなっているので使える時間はこの辺りぐらいなのですかね?

実際使う時との条件の違いは
夜寝る時に使うので、
・エアコンで室内が冷やされた状態
・外気温はもっと低い
・大人4人の発熱量がある
ですかね。

氷は倍以上入るので製氷ができればもう少し条件を変えて実験をしたみたいと思います。

やってみたいのは
・氷を倍以上入れた時の時間
・サーキュレーターと併用
・あとは本当に使って車中泊したときのデータ
といったところですかね。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
↑ポチッとお願いします。

RC-4HC 温湿度データーロガー 温湿度計 データーロガー 16000ポイント 簡単に温度と湿度を記録し、解析できるデータロガー

新品価格
¥2,871から
(2017/7/2 23:25時点)