新潟旅行(8/10〜8/13)①

それにしても暑い日が続いてますね〜。
暑すぎてやりたい快適化も進んでいません。
早く秋にならないですかね。

今年の夏休みは長男の大学受験、次男の部活などあり、
長期で旅行に行けないので新潟に行ってきました。

毎回そうですが、旅行の目的は美味しいものを食べることが主目的になります。

流石に夏の車中泊はマックスファンなしのワイドミドルに大人4人就寝は厳しいので10日の夜出発し、途中道の駅で1泊だけ車中泊することにします。

次男が部活、長男が塾、嫁がパートから帰宅後、シャワーを浴びで18時ごろ出発、近所のマックで夕食を買って車内で食べることにします。

途中、忘れ物に気がつき、マックで買い物をした後、自宅に戻ったので、出発時間は19時となってしまいました。。。

連休前の金曜日ということで幹線道路はどこもかしこも大渋滞です。
首都高〜圏央道使って行こうかとも思ったのですが、
結局ひたすら環八で行きましたが、30年ぶりくらい前にスキーに行くのに経験して以来の環八全線渋滞でした。

で、三芳PAについたのが21時50分でした。
引き返したロス1時間抜いても3時間ぐらい掛かりました。
この後も所々で渋滞していて、予定では0時ごろ道の駅に到着する予定だったのですが、0時を水上あたりで迎えてしまいました。

で、小出インターを出たところのセブンイレブンで朝食を購入し、道の駅R290とちおに到着したのは2時ごろでした。
この日の新潟は雨が降っていて道の駅でも降ったり止んだりで気温は23度ぐらいだったのですが湿度が高く、窓も開けられないので2年ぶりにどこでもクーラーで凌ぎます。

排熱はこのように助手席側にクレクール用のダクトを使います。

吸気は運転席側にアイズのウィンドウバグネットを取り付け、雨が入り込まない程度に窓を開けます。

これでカーテンで運転席側と分離します。

温度のデーターを測定しました。

2時半ぐらいから2時間タイマーをセットしてタイマーが切れたのが4時半ごろ、この後暑くて目が覚めて再度つけて寝たのがこのグラフです。

7時40分ぐらいに電圧降下でインバーターのアラームがなったところで終了したのでサブバッテリーダブルで4時間半ぐらい使える感じでした。

サブバの容量が2500Whでインバーターの効率が80%、実際に使えるバッテリーの容量が70%とすると

2500Wh X 80% X 70%=1400Wh

どこでもクーラーの冷房時の消費電力が220W@50Hz、240W@60Hzなのでインバーターの出力が矩形波55Hzなので230Wとして計算すると

1400Wh/230W=6.09H

で6時間ぐらい保つ計算になるのですが、
納車して3ヶ月後に北海道に行った際でも5時間ぐらいしか保たなかったようなのでバッテリーもまだされほどへたっていないということでしょうか。

ここからフル充電することを考えると自走+太陽光でも1日でマ満充電は厳しいので連泊は電源があるところでないと厳しそうです。

栃尾は油揚げで有名です。

つづく
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
↑ポチッとおねがいします。

コロナ(CORONA) 冷風・衣類乾燥除湿機 「どこでもクーラー」 除湿能力10L(木造11畳・鉄筋23畳まで) スカイブルー CDM-1018(AS)

新品価格
¥34,800から
(2018/8/15 13:25時点)

 

「新潟旅行(8/10〜8/13)①」への6件のフィードバック

  1. 夏の車中泊は厳しいですよねぇ〰
    夏のトリップで久しぶりにホテル泊まりました(笑)

    ワタクシ、バケツエアコンに期待してます

    1. カツオさん、
      バケツエアコンで一晩冷えるのであれば夏の車中泊も問題なしですね(笑)

  2. 暑い日が続きますよね~。
    でも週末は少しマシそうな感じですね。

    やっぱりツインサブバでもエアコンはキツイんですね~。
    1個あたり2時間とするとバンコンじゃあ無理がありますね。

    やっぱり夏場は電源サイトですかね~。

    1. まさみるくさん、

      どこでもクーラーでもトリプルバッテリーじゃないと一晩は厳しいです。
      普通のエアコンだと400Ahクラスのリチウムイオンじゃないと一晩は厳しいですね。

      夏は涼しいところに行くしかないと思いますが、
      エンジン切るとしばらくは暖房になってしまうのが難点ですね。

    1. ラムボクさん、
      サブバをもう一つ積めば一晩保つと思うのですが。。。
      リチウムイオンが安くなるのを待つしかないですね。
      どこクーには温度センサーは付いていません。
      あっても、快適な温度にまで下がらないのでフル稼働状態で動き続けることになるのではと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください